ボス級社内SEのお役立ち技術情報

社内SEのシステム開発について。メインプログラム言語C#

VisualStudio2019でReportViewerコントロールを使用するための前準備①

f:id:HLSE:20190414135344j:plain

WinForm(Windowsデスクトップアプリ)でレポートを出力したい場合、以下選択肢があります。

  1. 有償のコントロール(ActiveReportなど)
  2. ACCESSレポート
  3. ReportViewer(Microsoft公式コントロール)

他にもあるかもしれませんが私は知りません。

バーコード出力などの場合は2のACCESSレポートを使用をおススメします。

ミリ単位以下の細かな設定が可能です。

 

VisualStudio2019ではReportViewerはインストールされていません。

使用前にインストールをしなければなりません。

ReportViewerを使用するための前準備の手順を紹介します。

 

開発環境

OS:Windows10 64bit Home
開発環境:VisualStudio2019
プログラム言語:C# (.Net)

 

手順

①VisualStudio2019の「拡張機能の管理」を開く

f:id:HLSE:20190830232253j:plain

②「オンライン」をクリックして、「Microsoft Report」を右上の検索窓に入力してENTERをクリックする

f:id:HLSE:20190830232739j:plain

③「Microsoft RDLC Report Desiner」のDownloadをクリックする。

f:id:HLSE:20190830232044j:plain

④VisualStudio2019を再起動する

 

⑤起動したら以下画面が表示される

f:id:HLSE:20190830232047j:plain

⑥【重要】⑤の画面が表示されたら、VisualStudio2019のウィンドウは閉じる

⑦Modifyをクリックする

f:id:HLSE:20190830232051j:plain

ひたすら待つ・・・

f:id:HLSE:20190830232104j:plain

ひたすら待つ・・・

f:id:HLSE:20190830232107j:plain

 

確認

適当なプロジェクトを作成して、「新しい項目の追加」を開きます。

以下2点が表示されていたら正常にインストールされています。

f:id:HLSE:20190830233640j:plain

 

以下記事に続きます。

次回は、ReportViewerコントロールをインストールします。

www.topse.work